喘息の症状 原因治療

喘息,症状,治療,薬,原因喘息(ぜんそく)は、息をするときにヒューヒュー、ぜいぜいという音を出す喘鳴(ぜんめい)や、ひどい咳に見舞われて息苦しい症状をさします。この症状は何度も繰り返し、発作を起こします。治療は長期間にわたることがほとんどです。

喘息はアレルギーを持つアトピー型と、アレルギーを持たない非アトピー型の2種類。症状も治療法も同じですが、アレルゲンに反応してアレルギーを起こすアトピー型は、アレルギーの治療も必要になります。
スポンサードリンク

喘息とは 〜その基礎知識エントリー一覧

喘息とは?その症状
喘息(ぜんそく)と言う言葉はよく聞きますが、どのような症状でどのような治療を行うかは、あまり知られていないでしょう。小児喘息(しょうにぜんそく)という言葉を聞いたことがある方も多いでしょう。この喘息について考えてみます。喘息(ぜんそく)は、息をするときにヒューヒューや、ぜいぜいという音を出す喘鳴(ぜんめい)や、ひどい咳に見舞われて息苦しい症状を現します。この症状は何度も繰り返し、発作という症状まで起こります。また、喘息の治療は長期間にわたることが、ほとんどの症例です。喘息は日本アレルギー学会で、...
喘息の種類とタイプ
喘息の種類には幾つかのタイプがあります。一つはアトピー型喘息です。これは喘息の中で一番多い方がかかる喘息で、小児喘息ではおよそ9割の子供が、アトピー型喘息で、同時にアトピー性皮膚炎にもかかっています。これらの症状を引き起こしている原因がアレルギーです。このアレルギーを起こしているアレルゲンは、ハウスダストやダニやその死がい、花粉などが起因しています。このアレルゲンに対して過剰に反応するIgE抗体を調べることで、アレルギー型喘息であるか判断できます。このアトピー型喘息は、主に子供が発症して治療には...
喘息発作の症状
喘息は特徴的な症状を現します。呼吸をするごとにぜーぜー、ヒューヒューという音のなる喘鳴(ぜんめい)をします。また、発作を起こせばひどい咳に見舞われ、呼吸困難になり、最もひどい場合は意識障害に至ることもあります。喘息をもっている方の空気が通る気道は、細くなっている方や敏感になっている方がいます。通常は問題のないように思えるものにも、過剰に反応して発作を起こします。喘息の発作は症状の程度によって、4つの段階に分けます。この段階は、小発作、中発作、大発作、呼吸不全の4段階です。小発作の症状は軽く、呼吸...

「あなたの喘息は一生治りません。」と担当医から言われ、17年間も喘息で苦しみ続けた私が、
わずか4週間で、喘息の症状を消し去った方法があるのですが・・・


>>詳細はこちら