喘息の症状 原因治療

喘息,症状,治療,薬,原因喘息(ぜんそく)は、息をするときにヒューヒュー、ぜいぜいという音を出す喘鳴(ぜんめい)や、ひどい咳に見舞われて息苦しい症状をさします。この症状は何度も繰り返し、発作を起こします。治療は長期間にわたることがほとんどです。

喘息はアレルギーを持つアトピー型と、アレルギーを持たない非アトピー型の2種類。症状も治療法も同じですが、アレルゲンに反応してアレルギーを起こすアトピー型は、アレルギーの治療も必要になります。
スポンサードリンク

喘息の発作についてエントリー一覧

喘息を発症しやすい時期と時間帯
喘息の発作は季節によって起こしやすい時期があります。喘息を患っている患者さんは、一年を通して発作を起こしますが、特に頻度の高い時期があります。その時期は春と秋の季節が変わるときです。9月〜10月が最も多く、次いで4月〜5月が発作を起こしやすいようです。その年の気温の変化にも影響しますが、暑い時期から寒い時期へ変わるとき、朝晩の冷え込みが強くなるとき喘息を起こしやすくしています。健康な方でも体調を崩しやすい時期ですから、風邪を引かないように気を付けなければなりません。風邪を引くと喘息を悪化させます...
喘息の症状で分ける重症度
喘息の発作は、その程度によって3段階に分けます。その分け方は、症状の軽いものから小発作、中発作、大発作に分類します。小発作は症状の軽いもので、喘息の発作は起こしますが、日常生活は通常に行うことができ、食事も睡眠も問題なく取れます。中発作になると、小発作より日常生活に少し支障が出てきます。更に喘息の発作がひどくなると、大発作の症状になり食事を取るときにのどにものが通りにくくなり、睡眠も発作で目を覚まし、睡眠不足になります。大発作以上に症状がひどくなれば、チアノーゼや意識混濁という状態になり、呼吸不...
喘息発作と予防法
喘息の発作は予防することが重要とされます。発作を予防する方法は、治療薬を使って急激な発作を止め、また発作が起きないように予防薬として使います。これと同時に生活環境を整えることや、日常生活の改善を行います。発作を引き起こす原因にアレルギーがあります。このアレルギーを引き起こすアレルゲンを除去することも大切で、ハウスダストや食物アレルギーのアレルゲンに気を付ける事です。ハウスダストは、ダニやホコリが原因ですので、小まめな部屋の掃除が効果的に働きます。食物アレルギーは元になるアレルゲンを特定して、この...
喘息の発作を起こさないためのコントロールテスト
喘息の治療法は、治療薬や生活環境の改善などに、アレルゲンの特定など様々な方法が採られますが、喘息の治療は発作を起こさないことが第一の目標になっています。発作が起きない生活が送ることができれば、健常な方と同じ生活が送れるからです。喘息の発作を起こさない治療を、発作をコントロールするといいます。喘息の発作をコントロールするには、症状の軽いうちや発作が起きていないときから、発作の治療薬の吸入ステロイドを使います。この治療薬と平行して、発作の原因となるものすべてを取り除き、発作を起こさないコントロールを...

「あなたの喘息は一生治りません。」と担当医から言われ、17年間も喘息で苦しみ続けた私が、
わずか4週間で、喘息の症状を消し去った方法があるのですが・・・


>>詳細はこちら