喘息の症状 原因治療

喘息,症状,治療,薬,原因喘息(ぜんそく)は、息をするときにヒューヒュー、ぜいぜいという音を出す喘鳴(ぜんめい)や、ひどい咳に見舞われて息苦しい症状をさします。この症状は何度も繰り返し、発作を起こします。治療は長期間にわたることがほとんどです。

喘息はアレルギーを持つアトピー型と、アレルギーを持たない非アトピー型の2種類。症状も治療法も同じですが、アレルゲンに反応してアレルギーを起こすアトピー型は、アレルギーの治療も必要になります。
スポンサードリンク

喘息発作と予防法

喘息の発作は予防することが重要とされます。発作を予防する方法は、治療薬を使って急激な発作を止め、また発作が起きないように予防薬として使います。これと同時に生活環境を整えることや、日常生活の改善を行います。

 

発作を引き起こす原因にアレルギーがあります。このアレルギーを引き起こすアレルゲンを除去することも大切で、ハウスダストや食物アレルギーのアレルゲンに気を付ける事です。
ハウスダストは、ダニやホコリが原因ですので、小まめな部屋の掃除が効果的に働きます。

 

 

食物アレルギーは元になるアレルゲンを特定して、このアレルゲンを口にしない食事をします。
生活環境の改善は、チョットした工夫で効果があります。例えば、寝具のシーツやソファーの生地に、ダニの寄りつきにくい素材を使い、カーペットは避けた方が良いでしょう。

 

喘息の発作は、少し風邪を引いただけでもひどくなりますので、風邪を引かないように、うがいと手洗いはよく行います。

 

薬に含まれるアスピリンなどの化学物質で、喘息の発作を起こす場合は、市販薬は飲まないようにし、どんな薬でも医師の診察を受けて、処方された薬以外は飲まないようにします。

 

 

精神的にも発作を起こす原因があり、生活や職場での強いストレスは、喘息の発作を引き起こしやすくなります。適度にストレスを解消する、何か集中できる趣味を持つこともストレスの解消になります。
タバコの喫煙は、患者本人には禁物ですが、周りにいる方の協力や、タバコを吸っている方のそばには行かないことも大切です。

 

喘息の発作は少しの努力や改善、工夫で効果的に発作を抑制できます。これらを行い発作をコントロールできれば、健常者と変わらない生活が送れます。


「あなたの喘息は一生治りません。」と担当医から言われ、17年間も喘息で苦しみ続けた私が、
わずか4週間で、喘息の症状を消し去った方法があるのですが・・・


>>詳細はこちら