喘息の症状 原因治療

喘息,症状,治療,薬,原因喘息(ぜんそく)は、息をするときにヒューヒュー、ぜいぜいという音を出す喘鳴(ぜんめい)や、ひどい咳に見舞われて息苦しい症状をさします。この症状は何度も繰り返し、発作を起こします。治療は長期間にわたることがほとんどです。

喘息はアレルギーを持つアトピー型と、アレルギーを持たない非アトピー型の2種類。症状も治療法も同じですが、アレルゲンに反応してアレルギーを起こすアトピー型は、アレルギーの治療も必要になります。
スポンサードリンク

喘息の発作を起こさないためのコントロールテスト

喘息の治療法は、治療薬や生活環境の改善などに、アレルゲンの特定など様々な方法が採られますが、喘息の治療は発作を起こさないことが第一の目標になっています。発作が起きない生活が送ることができれば、健常な方と同じ生活が送れるからです。

 

喘息の発作を起こさない治療を、発作をコントロールするといいます。
喘息の発作をコントロールするには、症状の軽いうちや発作が起きていないときから、発作の治療薬の吸入ステロイドを使います。
この治療薬と平行して、発作の原因となるものすべてを取り除き、発作を起こさないコントロールを行います。

 

 

喘息の発作がコントロールできているか調べる方法があります。
日本アレルギー協会が推薦しているテストで、コントロールテストといいます。
このコントロールテストは、5つの質問に答えるだけの簡単なテストで、自分でできるテストです。
世界50か国以上で使われていて、1問5点で25点満点です。

 

コントロールテストは成人用(12歳以上)と小児用(4歳〜11歳)があり、年齢に合わせて行います。
喘息の発作がうまくコントロールできていない点数は20点以下で、コントロール方法を見直します。

 

喘息のコントロールの見直しは、主治医と話し合って行います。コントロールは成長する年齢や、そのときの健康状態によっても変化しますので、機会あるときに医師と良く話し合うことが、うまくコントロールするために大切なことです。


「あなたの喘息は一生治りません。」と担当医から言われ、17年間も喘息で苦しみ続けた私が、
わずか4週間で、喘息の症状を消し去った方法があるのですが・・・


>>詳細はこちら