喘息の症状 原因治療

喘息,症状,治療,薬,原因喘息(ぜんそく)は、息をするときにヒューヒュー、ぜいぜいという音を出す喘鳴(ぜんめい)や、ひどい咳に見舞われて息苦しい症状をさします。この症状は何度も繰り返し、発作を起こします。治療は長期間にわたることがほとんどです。

喘息はアレルギーを持つアトピー型と、アレルギーを持たない非アトピー型の2種類。症状も治療法も同じですが、アレルゲンに反応してアレルギーを起こすアトピー型は、アレルギーの治療も必要になります。
スポンサードリンク

喘息の治療のガイドライン

喘息の治療や発作の予防、薬の管理や治療の目標について、専門の医師が蓄積された喘息のデータから作成された。喘息のガイドラインがあります。
現在、喘息の治療はこのガイドラインに沿って行われています。

 

この喘息のガイドラインが作成される以前の治療は、喘息の発作が出たときの対処法の治療だけでした。
この喘息のガイドラインでは、喘息を発作が起きたときの対処だけでなく、慢性的な気道の炎症ととらえ、この気道の炎症を抑制し、喘息の発作を起こさないように、予防する治療が目的になっています。

 

このように定められたガイドラインによって、患者によってばらつきのあった治療法が、治療の目標とともに統一されました。

 

 

喘息の治療が発作が起きたときの治療から、発作の予防への治療に変わったので、気管支は慢性的に炎症を起こしていると考え、吸入薬を予防的に毎日、服用する治療法に変わりました。

 

また、この喘息のガイドラインは、症状の程度で分けた重傷度の段階別に、薬物療法の長期管理に関するプランも示されています。
そこにはステップ1の間欠型〜ステップ4の重症持続型まで、基本とする治療法から追加処置まで示されています。

 

年齢別の治療法についても、それぞれの治療法について示されています。これには、子供の治療については、学校生活の大切さが書かれていて、健常な子供と同様に生活ができように、目的が書かれています。

 

このガイドラインは喘息の患者すべてに当てはまることは難しいですが、治療の目的と治療法について、統一した指針と、喘息の発作についての考え方は、予防が目標であることが書かれています。


「あなたの喘息は一生治りません。」と担当医から言われ、17年間も喘息で苦しみ続けた私が、
わずか4週間で、喘息の症状を消し去った方法があるのですが・・・


>>詳細はこちら