喘息の症状 原因治療

喘息,症状,治療,薬,原因喘息(ぜんそく)は、息をするときにヒューヒュー、ぜいぜいという音を出す喘鳴(ぜんめい)や、ひどい咳に見舞われて息苦しい症状をさします。この症状は何度も繰り返し、発作を起こします。治療は長期間にわたることがほとんどです。

喘息はアレルギーを持つアトピー型と、アレルギーを持たない非アトピー型の2種類。症状も治療法も同じですが、アレルゲンに反応してアレルギーを起こすアトピー型は、アレルギーの治療も必要になります。
スポンサードリンク

喘息治療のステロイド剤

喘息の治療で発作を抑制する治療薬として、一般的に多く使われている薬がステロイドの吸入薬です。
ステロイドの使用方法は、喘息の発作が起きたときの発作を抑止する方法と、発作が起こらないように発作をコントロールするために使う方法と、ふた通りあります。

 

ステロイドは喘息で慢性的に起こっている気道の炎症を、抑制する効果があり、長期管理薬として使われ、喘息の発作の予防になります。

 

ステロイドは医師の指示のもとに使われ、症状に個人差があるように、使用量も違います。また、予防の為に処方されるので、発作の症状がないからといって、止めることはできません。

 

 

ステロイドという名前で強い薬のイメージがあり、副作用が気になるところですが、喘息の治療薬のステロイドは、吸入して使うために局所に効果があるため、身体の内部への影響は少ないと考えられています。

 

しかし少なからず副作用はあり、カンジタ症や声のかすれの症状がありますが、ステロイドを吸入後のうがいをすることで、これを防ぐことができます。

 

ステロイドの種類は、吸入薬ではフルタイドやパルミコートという薬があり、錠剤の経口ステロイドではプレドニンやプレドニゾロン、リンデロンがあります。経口ステロイドは、喘息の発作の症状がひどい場合に使われます。


「あなたの喘息は一生治りません。」と担当医から言われ、17年間も喘息で苦しみ続けた私が、
わずか4週間で、喘息の症状を消し去った方法があるのですが・・・


>>詳細はこちら