喘息の症状 原因治療

喘息,症状,治療,薬,原因喘息(ぜんそく)は、息をするときにヒューヒュー、ぜいぜいという音を出す喘鳴(ぜんめい)や、ひどい咳に見舞われて息苦しい症状をさします。この症状は何度も繰り返し、発作を起こします。治療は長期間にわたることがほとんどです。

喘息はアレルギーを持つアトピー型と、アレルギーを持たない非アトピー型の2種類。症状も治療法も同じですが、アレルゲンに反応してアレルギーを起こすアトピー型は、アレルギーの治療も必要になります。
スポンサードリンク

小児喘息の予防と対策エントリー一覧

小児喘息の予防法
喘息発作を予防すことは治療の上で大切なことです。喘息の発作は、これを繰り返すことで気管支はダメージを受けています。このダメージは更に気管支を刺激に対して敏感にさせ、少しの刺激に対しても発作を起こすようになります。喘息は発作を繰り返すことで、少しの刺激でも発作を起こすようになる悪い循環を起こします。発作の悪い連鎖を起こさないためにも、発作を起こさない予防が大切になります。この為には発作の原因となるアレルゲンを、近づけないことが重要になります。小児喘息では、このアレルゲンがハウスダストである、ダニや...
小児喘息の原因と対策
アレルギー性の喘息といえば、子供のかかる小児喘息が一番に考えられます。子供のかかる小児喘息は、アレルギーの原因となるアレルゲンが、ハウスダストであることが多く、このアレルゲンを吸い込むことで喘息を発症しているケースがほとんどです。このアレルゲンを吸い込むことで、気管支が炎症を起こし、少しの刺激に対しても敏感になり、喘息特有の発作を起こします。アレルギー性喘息でアレルゲンがハウスダストであれば、これを排除する生活環境を整えることも大切です。アレルギー性の小児喘息のアレルゲンが、ハウスダストと特定で...
小児喘息の治療と目的
子供のかかる小児喘息は、慢性的に気管支に炎症を起こしている状態をいいます。このために小児喘息は発作が起きやすいので、発作を起こさないようにする予防をすることが大切になります。小児喘息は必ず咳を伴うものではありません。小児喘息は咳を伴う発作のあれば、咳を伴わない発作もあります。小児喘息の治療は、咳を抑える治療ではなく、発作を出さない治療でもありません。これは、患者が子供であることが重要なことにあります。小児喘息の治療については、定められたガイドラインがあり、これに沿って治療は行われます。このガイド...
小児喘息について知る本
子供が小児喘息にかかってしまって、どのように対処していいのかわからない。主治医に質問するが、何を質問すればよいかもわからない。そもそも。小児喘息とはどのような症状で、そのように治療していくのかもわからない。このような悩みや心配は。どの親御さんにもあるでしょう。小児喘息についても知識が全くなければ、すべてが心配でなりません。このような場合は。小児喘息について知って理解することが、解決へ導きます。この時に役立つものは、小児喘息についてかかれた専門書です。小児喘息に詳しいの先生や専門医がかかれた、小児...
小児喘息から思春期喘息
幼児期にかかる小児喘息は、成長とともに改善され、患者の7割は完治するといわれます。しかし、残りの3割は小児喘息が完治できずにそのまま成長し、思春期喘息へ移行します。この過程とは反対に、幼児期には喘息が発症していなかったのに、成長して発症するケースもあります。小児喘息は男女の比率では、男子が2に対して女子が1の割合で発症しますが、思春期喘息になれば、男女比率は女子が若干多くなります。小児喘息での治療は、子供がまだ小さいため、薬の管理やほとんどの世話を、親が行っていますが、思春期喘息では、自覚のある...

「あなたの喘息は一生治りません。」と担当医から言われ、17年間も喘息で苦しみ続けた私が、
わずか4週間で、喘息の症状を消し去った方法があるのですが・・・


>>詳細はこちら