喘息の症状 原因治療

喘息,症状,治療,薬,原因喘息(ぜんそく)は、息をするときにヒューヒュー、ぜいぜいという音を出す喘鳴(ぜんめい)や、ひどい咳に見舞われて息苦しい症状をさします。この症状は何度も繰り返し、発作を起こします。治療は長期間にわたることがほとんどです。

喘息はアレルギーを持つアトピー型と、アレルギーを持たない非アトピー型の2種類。症状も治療法も同じですが、アレルゲンに反応してアレルギーを起こすアトピー型は、アレルギーの治療も必要になります。
スポンサードリンク

気管支喘息の原因と症状エントリー一覧

気管支喘息になる原因
気管支喘息は年々増加している喘息です。気管支喘息は遺伝的な要素(アレルギー体質)、空気汚染などの生活環境、気管支が疾患を持つ気道過敏症が原因として考えられています。また、気管支喘息の原因として精神的なストレスや、統合失調症、風邪などの悪性のウイルス感染なども考えられています。気管支喘息にもアレルギーが原因とされる症状は多く、そのアレルゲンが特定できれば、その物質を取り除けば喘息の発作を回避できます。しかし、この原因となるアレルゲンの種類はたくさんあり、これの特定は難しく、原因を突き止めることは困...
気管支喘息の症状の特徴
気管支喘息の症状はゼーゼー、ヒューヒューという喘鳴を伴う呼吸困難や、とどまらない咳が続きます。咳は収まりがつかない発作の症状になります。喘息の発作の起きているときに、胸の音を聞くと乾性ラッセル音や呼気延長という、特徴的な音がします。気管支喘息の発作は、現れやすい時期や時間帯があります。一般に夏から秋にかけての気絶の変わり目に発作が起きることが多く、朝晩が冷え込む頃が発症しやすいです。また気温の他に気圧も関係していて、台風や低気圧の近づく気圧の低いときも、発作は起こしやすくなります。一日の時間邸で...

「あなたの喘息は一生治りません。」と担当医から言われ、17年間も喘息で苦しみ続けた私が、
わずか4週間で、喘息の症状を消し去った方法があるのですが・・・


>>詳細はこちら