喘息の症状 原因治療

喘息,症状,治療,薬,原因喘息(ぜんそく)は、息をするときにヒューヒュー、ぜいぜいという音を出す喘鳴(ぜんめい)や、ひどい咳に見舞われて息苦しい症状をさします。この症状は何度も繰り返し、発作を起こします。治療は長期間にわたることがほとんどです。

喘息はアレルギーを持つアトピー型と、アレルギーを持たない非アトピー型の2種類。症状も治療法も同じですが、アレルゲンに反応してアレルギーを起こすアトピー型は、アレルギーの治療も必要になります。
スポンサードリンク

様々な喘息の症状エントリー一覧

咳喘息とは
咳が慢性的に続く場合、咳喘息の疑いがあります。咳喘息は喘息という名前が付いていますが、喘息ではなく、喘息にかかる一歩手前の状態で、喘息にある特有のゼイゼイ、ヒューヒューという喘鳴の症状はありません。咳が持続的に長引く症状が特徴の疾患です。この咳喘息の発症は男女比では女性が多く、その原因はアレルギーによるものと考えられています。咳が持続的に長引くようであれば、アレルギー科や呼吸器科の専門医の診察を受診されることを勧めます。発熱があれば風邪の症状に似ていますが、咳だけが続くのであれば、なお疑わしいで...
運動誘発性喘息の症状
喘息の中には原因のハッキリわからないものがあります。いずれにしても気管支に刺激が加わることで起こる、咳や発作が喘息の症状になっています。原因のハッキリしない喘息に運動誘発性喘息という疾患があります。幼児期から青年期にかけて多く診られる症状で、運動を始めると起こる喘息の症状です。健常な方でも運動が激しくなり、息が激しくなると口呼吸になります。この口呼吸が原因ではないかと考えられ、この時の乾いた空気が鼻を通らすに口から入り、これが気管支に強い刺激になり、喘息の発作を起こすといわれます。運動誘発性喘息...
アスピリン喘息の症状
喘息の発作には、薬の副作用で起こるものがあります。これは、風邪などの発熱のときの解熱剤や、痛み止めの薬に使う解熱鎮痛剤に含まれる、アスピリンです。アスピリンはいろいろな薬に使われていて、薬局で売られている市販薬にも配合されています。このアスピリンの作用で起こす喘息の発作を、アスピリン喘息といいます。アスピリン喘息は、乳幼児にはあまり現れませんが、成人の起こす喘息のおよそ1割の方の原因になっています。年齢別には20歳代から50歳代に多く、男女比では女性の方が多く発症しています。アスピリン喘息と名付...
喘息性気管支炎の症状
喘息と名前がついていますが、喘息とは違う疾患は幾つかありますが、喘息性気管支炎(喘息様気管支炎)もその一つです。気管支喘息と症状はよく似ていて、原因はウイルスや細菌感染などが考えられ、風邪を併発するとゼイゼイ、ゼロゼロという喘鳴を伴い、喘息のような症状を起こします。かかる年齢が生後間もない乳幼児で、0歳児から1歳児にかけて多く発症しています。この喘息性気管支炎も小児喘息と同じように、成長とともに症状は改善し、完治するケースがほとんどです。乳幼児の身体は成長段階で、気管支もまだ非常に細い状態です。...

「あなたの喘息は一生治りません。」と担当医から言われ、17年間も喘息で苦しみ続けた私が、
わずか4週間で、喘息の症状を消し去った方法があるのですが・・・


>>詳細はこちら