喘息の症状 原因治療

喘息,症状,治療,薬,原因喘息(ぜんそく)は、息をするときにヒューヒュー、ぜいぜいという音を出す喘鳴(ぜんめい)や、ひどい咳に見舞われて息苦しい症状をさします。この症状は何度も繰り返し、発作を起こします。治療は長期間にわたることがほとんどです。

喘息はアレルギーを持つアトピー型と、アレルギーを持たない非アトピー型の2種類。症状も治療法も同じですが、アレルゲンに反応してアレルギーを起こすアトピー型は、アレルギーの治療も必要になります。
スポンサードリンク

咳喘息とは

咳が慢性的に続く場合、咳喘息の疑いがあります。
咳喘息は喘息という名前が付いていますが、喘息ではなく、喘息にかかる一歩手前の状態で、喘息にある特有のゼイゼイ、ヒューヒューという喘鳴の症状はありません。咳が持続的に長引く症状が特徴の疾患です。

 

この咳喘息の発症は男女比では女性が多く、その原因はアレルギーによるものと考えられています。
咳が持続的に長引くようであれば、アレルギー科や呼吸器科の専門医の診察を受診されることを勧めます。発熱があれば風邪の症状に似ていますが、咳だけが続くのであれば、なお疑わしいです。

 

 

咳喘息が疑わしい症状では、タバコの煙や冷たい冷気を吸い込んだときの刺激でせき込むことや、就寝中に夜から朝方にかけて、せき込むことが多い方です。
咳喘息と判断する条件としては、喘鳴を起こさない咳が3週間以上続き。せき止めで改善が診られず、気管支拡張薬が症状の改善に効果を現す場合に、咳喘息と判断します。
これは、気管支が炎症を起こしている疑いがあります。
また同時に、胸部レントゲンや気道過敏性の亢進の有無を調べます。

 

咳喘息の治療には吸入ステロイド薬が一般的に使われています。この他の治療薬では、気管支拡張薬や抗アレルギー薬が使われることがありますが、最も効果の高い治療薬はステロイド吸入薬です。

 

咳喘息の症状は治まりやすいので、治療薬を症状が治まったからといって止めてしまうと、再発することもあります。症状が治まっても医師の指示の期間は守って、治療を続けることです。


「あなたの喘息は一生治りません。」と担当医から言われ、17年間も喘息で苦しみ続けた私が、
わずか4週間で、喘息の症状を消し去った方法があるのですが・・・


>>詳細はこちら