喘息の症状 原因治療

喘息,症状,治療,薬,原因喘息(ぜんそく)は、息をするときにヒューヒュー、ぜいぜいという音を出す喘鳴(ぜんめい)や、ひどい咳に見舞われて息苦しい症状をさします。この症状は何度も繰り返し、発作を起こします。治療は長期間にわたることがほとんどです。

喘息はアレルギーを持つアトピー型と、アレルギーを持たない非アトピー型の2種類。症状も治療法も同じですが、アレルゲンに反応してアレルギーを起こすアトピー型は、アレルギーの治療も必要になります。
スポンサードリンク

運動誘発性喘息の症状

喘息の中には原因のハッキリわからないものがあります。
いずれにしても気管支に刺激が加わることで起こる、咳や発作が喘息の症状になっています。

 

原因のハッキリしない喘息に運動誘発性喘息という疾患があります。
幼児期から青年期にかけて多く診られる症状で、運動を始めると起こる喘息の症状です。
健常な方でも運動が激しくなり、息が激しくなると口呼吸になります。
この口呼吸が原因ではないかと考えられ、この時の乾いた空気が鼻を通らすに口から入り、これが気管支に強い刺激になり、喘息の発作を起こすといわれます。

 

 

運動誘発性喘息は喘息を持っている方が、喘息のコントロールが適切に行われておらず、発作を起こしやすい方にも多いようです。

 

喘息のある方に一番適しているスポーツは水泳です。水泳は水の環境の中で行うスポーツなので、乾燥した空気を吸い込むことがないので、発作を起こしにくいことが理由です。

 

小児喘息は、発作をうまくコントロールできていれば、通常に運動をすることはできます。体育の授業やクラブ活動もできます。
運動誘発性喘息を予防する方法は、まず、治療をちゃんと行うことです。次に呼吸を行う場合は意識して口より鼻で行うことを心掛けます。

 

また、喘息の発作を起こさない予防策として、運動を始める前に気管支拡張剤を吸入することも大切なことです。


「あなたの喘息は一生治りません。」と担当医から言われ、17年間も喘息で苦しみ続けた私が、
わずか4週間で、喘息の症状を消し去った方法があるのですが・・・


>>詳細はこちら