喘息の症状 原因治療

喘息,症状,治療,薬,原因喘息(ぜんそく)は、息をするときにヒューヒュー、ぜいぜいという音を出す喘鳴(ぜんめい)や、ひどい咳に見舞われて息苦しい症状をさします。この症状は何度も繰り返し、発作を起こします。治療は長期間にわたることがほとんどです。

喘息はアレルギーを持つアトピー型と、アレルギーを持たない非アトピー型の2種類。症状も治療法も同じですが、アレルゲンに反応してアレルギーを起こすアトピー型は、アレルギーの治療も必要になります。
スポンサードリンク

アスピリン喘息の症状

喘息の発作には、薬の副作用で起こるものがあります。
これは、風邪などの発熱のときの解熱剤や、痛み止めの薬に使う解熱鎮痛剤に含まれる、アスピリンです。

 

アスピリンはいろいろな薬に使われていて、薬局で売られている市販薬にも配合されています。
このアスピリンの作用で起こす喘息の発作を、アスピリン喘息といいます。

 

アスピリン喘息は、乳幼児にはあまり現れませんが、成人の起こす喘息のおよそ1割の方の原因になっています。
年齢別には20歳代から50歳代に多く、男女比では女性の方が多く発症しています。
アスピリン喘息と名付けられていますが、アスピリン以外の薬の成分である化学物質に反応して、喘息の発作を起こす場合があります。

 

 

アスピリン喘息の特徴は、症状が現れるまでの時間が短く、アスピリンなどの化学物質が体内に入って、数分から1時間以内に喘息の発作が現れます。
発症の原因がアスピリンなどの化学物質が体内に入ることなので、季節性や時間によって発症頻度が高いことはなく、いつでも条件がそろえば発作が起こります。

 

アスピリン喘息の発作は大発作になる傾向があり、発作を起こさないように心掛ける必要があります。この為に、アスピリン喘息と診断されたら、市販薬は飲まないことにし、薬は医師から処方されたものだけにします。アスピリンは、多くの種類の薬に使われています。また、アスピリン以外の化学物質が原因の危険があります。

 

喘息以外の診察で医師の受診を受ける場合も、アスピリン喘息であることを医師に告げることが重要です。処方される薬が適応外にならないためにも、必ず告げるようにします。


「あなたの喘息は一生治りません。」と担当医から言われ、17年間も喘息で苦しみ続けた私が、
わずか4週間で、喘息の症状を消し去った方法があるのですが・・・


>>詳細はこちら