喘息の症状 原因治療

喘息,症状,治療,薬,原因喘息(ぜんそく)は、息をするときにヒューヒュー、ぜいぜいという音を出す喘鳴(ぜんめい)や、ひどい咳に見舞われて息苦しい症状をさします。この症状は何度も繰り返し、発作を起こします。治療は長期間にわたることがほとんどです。

喘息はアレルギーを持つアトピー型と、アレルギーを持たない非アトピー型の2種類。症状も治療法も同じですが、アレルゲンに反応してアレルギーを起こすアトピー型は、アレルギーの治療も必要になります。
スポンサードリンク

喘息性気管支炎の症状

喘息と名前がついていますが、喘息とは違う疾患は幾つかありますが、喘息性気管支炎(喘息様気管支炎)もその一つです。
気管支喘息と症状はよく似ていて、原因はウイルスや細菌感染などが考えられ、風邪を併発するとゼイゼイ、ゼロゼロという喘鳴を伴い、喘息のような症状を起こします。

 

かかる年齢が生後間もない乳幼児で、0歳児から1歳児にかけて多く発症しています。
この喘息性気管支炎も小児喘息と同じように、成長とともに症状は改善し、完治するケースがほとんどです。

 

 

乳幼児の身体は成長段階で、気管支もまだ非常に細い状態です。この細い状態に加え、咳がうまくできずたんが溜まり、気管支が炎症を起こします。気管支は炎症を起こすと粘膜ノン分泌が増え、更に気管支が細くなります。この結果喘鳴を引き起こします。

 

乳幼児が成長すると、咳もうまくできるようになり、気管支も成長して太くなるので、自然に治癒していきます。

 

ただ、安心はできず、喘息性気管支炎から気管支喘息へ移行するケースもありますので、気を付けなければなりません。
特にアレルギーを持った子供は、気管支喘息に移行しやすいといわれます。
また、喘息性気管支炎は、気管支喘息の前の段階という考え方もあり、長く症状が続くようであれば、特に注意が必要になります。

 

0歳児がこの症状になると、入院治療が必要になる場合が多いようです。


「あなたの喘息は一生治りません。」と担当医から言われ、17年間も喘息で苦しみ続けた私が、
わずか4週間で、喘息の症状を消し去った方法があるのですが・・・


>>詳細はこちら