喘息の症状 原因治療

喘息,症状,治療,薬,原因喘息(ぜんそく)は、息をするときにヒューヒュー、ぜいぜいという音を出す喘鳴(ぜんめい)や、ひどい咳に見舞われて息苦しい症状をさします。この症状は何度も繰り返し、発作を起こします。治療は長期間にわたることがほとんどです。

喘息はアレルギーを持つアトピー型と、アレルギーを持たない非アトピー型の2種類。症状も治療法も同じですが、アレルゲンに反応してアレルギーを起こすアトピー型は、アレルギーの治療も必要になります。
スポンサードリンク

喘息の発作を起こさない対策エントリー一覧

喘息と関係の深いアレルギー
喘息と深い関係にあるものがアレルギーです。子供のかかる小児喘息では、アトピー性皮膚炎を併発している子供も多くいます。またアレルギーは、母親からの遺伝性のものが多く、原因となるアレルゲンの除去が重要な課題になります。ただ、一概にアレルギーを持っているからといって喘息になるとは限らず、喘息になる原因がアレルギーだけには特定できません。喘息にはアレルギーとは関係のない種類もあります。特に大人のかかる喘息は、アレルギーが原因のものもありますが、自律神経の交感神経や副交感神経のアンバランスや、日常の生活が...
喘息に効果のあるツボ
ツボ療法には喘息に効果があるとされるツボがあります。喘息の症状や発作に効果があるとされるツボです。喘息の症状や発作の緩和に効果があるとされるツボは、「治喘(じぜん)」と「咳喘点(かくぜんてん)」というツボです。この喘息の予防に効果があるふたつのツボについて、ご紹介します。「治喘(じぜん)」というツボは、首を下へ曲げたときに、えり足付近に高く膨れあがる第七頚椎という骨があります。これと第一胸椎の間に大椎」というツボがあり、ここから左右5ミリ程離れたところに、対象にふたつ存在します。このツボは、通常...
喘息に効果がある漢方薬
喘息を長く治療されている方や、治療薬の副作用が強い方の中には、漢方薬を治療に取り入れている方がいます。漢方薬は、その方一人一人にあった処方がなされ、症状に個人差があるように、処方される漢方薬も違います。例えば、小青竜湯という漢方薬は、身体が良く冷える方や、季節の変わり目や寒くなると痰が出る方や、寒くなり始めると喘息の発作を起こす方に効果があるとされます。麻杏甘石湯という漢方薬は、就寝時に布団入って身体が暖まってくると、喘息の発作を起こす方に効果があるとされます。四逆散という漢方薬は、強い精神的な...
喘息のセルフチェック
喘息の症状は、ヒューヒュー、ゼーゼーという喘鳴や呼吸困難といった症状が特徴ですが、これまで喘息にかかったことがない方のために、喘息であるか疑わしいときのセルフチェックがあります。喘息の症状は程度の軽いものから、呼吸困難に陥るほどの重度のものまであります。初期の症状では、咳が長引き。就寝中の特に朝方によくせき込むことや、何となく息苦しさがあるといった症状です。これらの症状に心当たりがあれば、セルフチェックを行います。セルフチェックは次の項目をチェックします。1、咳が長引く2、終始中の夜中や明け方に...

「あなたの喘息は一生治りません。」と担当医から言われ、17年間も喘息で苦しみ続けた私が、
わずか4週間で、喘息の症状を消し去った方法があるのですが・・・


>>詳細はこちら