喘息の症状 原因治療

喘息,症状,治療,薬,原因喘息(ぜんそく)は、息をするときにヒューヒュー、ぜいぜいという音を出す喘鳴(ぜんめい)や、ひどい咳に見舞われて息苦しい症状をさします。この症状は何度も繰り返し、発作を起こします。治療は長期間にわたることがほとんどです。

喘息はアレルギーを持つアトピー型と、アレルギーを持たない非アトピー型の2種類。症状も治療法も同じですが、アレルゲンに反応してアレルギーを起こすアトピー型は、アレルギーの治療も必要になります。
スポンサードリンク

喘息と関係の深いアレルギー

喘息と深い関係にあるものがアレルギーです。
子供のかかる小児喘息では、アトピー性皮膚炎を併発している子供も多くいます。
またアレルギーは、母親からの遺伝性のものが多く、原因となるアレルゲンの除去が重要な課題になります。

 

ただ、一概にアレルギーを持っているからといって喘息になるとは限らず、喘息になる原因がアレルギーだけには特定できません。喘息にはアレルギーとは関係のない種類もあります。
特に大人のかかる喘息は、アレルギーが原因のものもありますが、自律神経の交感神経や副交感神経のアンバランスや、日常の生活が影響するホルモンバランスの崩れや、職場や生活における強いストレスも考えられます。

 

 

しかし。何かの原因で喘息を患っている方は、アレルギーの原因であるアレルゲンから回避した、生活環境を整えることが大切になります。このことで、喘息の発作を予防し発症を少なくすることができます。
このアレルゲンには、ハウスダストであるカビ、ダニ、ペットの毛を生活の場から排除することが有効で、小まめな掃除が効果的です。

 

アレルギーには食物アレルギーで発症する喘息もあり、アレルゲンを特定することも重要なことです。しかし、アレルゲンが特定できない非アトピー型の喘息もありますので、予防には困難な課題があります。

 

喘息の治療は、発作を起こさないことも治療の一つですから、原因となるアレルゲンの回避も大切なことです。


「あなたの喘息は一生治りません。」と担当医から言われ、17年間も喘息で苦しみ続けた私が、
わずか4週間で、喘息の症状を消し去った方法があるのですが・・・


>>詳細はこちら