喘息の症状 原因治療

喘息,症状,治療,薬,原因喘息(ぜんそく)は、息をするときにヒューヒュー、ぜいぜいという音を出す喘鳴(ぜんめい)や、ひどい咳に見舞われて息苦しい症状をさします。この症状は何度も繰り返し、発作を起こします。治療は長期間にわたることがほとんどです。

喘息はアレルギーを持つアトピー型と、アレルギーを持たない非アトピー型の2種類。症状も治療法も同じですが、アレルゲンに反応してアレルギーを起こすアトピー型は、アレルギーの治療も必要になります。
スポンサードリンク

喘息に効果のあるツボ

ツボ療法には喘息に効果があるとされるツボがあります。喘息の症状や発作に効果があるとされるツボです。
喘息の症状や発作の緩和に効果があるとされるツボは、「治喘(じぜん)」と「咳喘点(かくぜんてん)」というツボです。
この喘息の予防に効果があるふたつのツボについて、ご紹介します。

 

 

「治喘(じぜん)」というツボは、首を下へ曲げたときに、えり足付近に高く膨れあがる第七頚椎という骨があります。これと第一胸椎の間に大椎」というツボがあり、ここから左右5ミリ程離れたところに、対象にふたつ存在します。

 

このツボは、通常のように指でツボを刺激するのではなく、ヘアピンや爪楊枝(つまようじ)のような細いものか、爪でつねる方法で刺激を与えます。この時は肌が赤くなるまで刺激を与えます。
更に効果を高めるには、同じ場所にお灸(きゅう)で暖かい刺激を与えます。
このツボの刺激で、喘息の予防と治療に効果があります。

 

 

もう一つのツボの「咳喘点(かくぜんてん)」は、手のひらの人差し指と中指の付け根の間の少し下側にあります。
このツボの刺激の与え方は、先程の「治喘(じぜん)」のツボと同様に、先の細いものか爪でつねるように刺激を与えます。このツボも肌が赤くナウ程度まで刺激を与えます。

 

ここにご紹介した喘息の予防と治療に効果があるツボは、小児喘息で子供が発作を起こしたときに、このツボを手でなでてあげることでも効果があるとされます。
ツボを刺激するツボ療法は、ふだんから定期的に行ってあげることで、上場に効果が得られます。

 

これは予防効果を高めることで、喘息の発作の予防に役立ちます。できる限り続けてあげることがよいでしょう。


「あなたの喘息は一生治りません。」と担当医から言われ、17年間も喘息で苦しみ続けた私が、
わずか4週間で、喘息の症状を消し去った方法があるのですが・・・


>>詳細はこちら