喘息の症状 原因治療

喘息,症状,治療,薬,原因喘息(ぜんそく)は、息をするときにヒューヒュー、ぜいぜいという音を出す喘鳴(ぜんめい)や、ひどい咳に見舞われて息苦しい症状をさします。この症状は何度も繰り返し、発作を起こします。治療は長期間にわたることがほとんどです。

喘息はアレルギーを持つアトピー型と、アレルギーを持たない非アトピー型の2種類。症状も治療法も同じですが、アレルゲンに反応してアレルギーを起こすアトピー型は、アレルギーの治療も必要になります。
スポンサードリンク

喘息に効果がある漢方薬

喘息を長く治療されている方や、治療薬の副作用が強い方の中には、漢方薬を治療に取り入れている方がいます。
漢方薬は、その方一人一人にあった処方がなされ、症状に個人差があるように、処方される漢方薬も違います。

 

例えば、小青竜湯という漢方薬は、身体が良く冷える方や、季節の変わり目や寒くなると痰が出る方や、寒くなり始めると喘息の発作を起こす方に効果があるとされます。
麻杏甘石湯という漢方薬は、就寝時に布団入って身体が暖まってくると、喘息の発作を起こす方に効果があるとされます。

 

 

四逆散という漢方薬は、強い精神的なストレスのある方が、これを原因に喘息の発作を起こす方に効果的とされます。
漢方薬の中には保険が適用される漢方薬がありますので、漢方薬の治療を考えている方は、医師と相談して行うとよいでしょう。

 

また、漢方薬には一般に副作用がないとされていますが、影響が全くないとは言い切れず、漢方薬を使った治療については、主治医とよく相談することが大切です。
アレルギー性の喘息の場合、アレルゲンが食物であれば、良くない成分が含まれる可能性もありますので、医師と十分に相談することが大切です。

 

 

漢方薬の基本は体質の改善です。
日常から喘息に効果があるという食べ物は心掛けて積極的に取るようにします。
例えば、百合根や銀杏のスープ、梨のホットジュースなどが喘息の改善に効果的とされる食べ物です。

 

反対に喘息に良くなく、症状を悪化させるものは、唐辛子やワサビの香辛料などの刺激物や、パパイヤやマンゴーなどは、良くないとされますので避けるようにします。また、アイスクリームといった身体を冷やす食べ物も、よくないので控えるようにしましょう。


「あなたの喘息は一生治りません。」と担当医から言われ、17年間も喘息で苦しみ続けた私が、
わずか4週間で、喘息の症状を消し去った方法があるのですが・・・


>>詳細はこちら