喘息の症状 原因治療

喘息,症状,治療,薬,原因喘息(ぜんそく)は、息をするときにヒューヒュー、ぜいぜいという音を出す喘鳴(ぜんめい)や、ひどい咳に見舞われて息苦しい症状をさします。この症状は何度も繰り返し、発作を起こします。治療は長期間にわたることがほとんどです。

喘息はアレルギーを持つアトピー型と、アレルギーを持たない非アトピー型の2種類。症状も治療法も同じですが、アレルゲンに反応してアレルギーを起こすアトピー型は、アレルギーの治療も必要になります。
スポンサードリンク

喘息についての知識エントリー一覧

喘息を引き起こす風邪喘息
喘息の発作の起こる原因には粘膜の炎症が、考えられるものがあります。これはアレルギーとも関係していて、気管支粘膜が炎症を起こしているところに、アレルギーの原因となるアレルゲンが付着して起こる喘息の発作です。この例で具体的な症状は風邪です。喘息の患者で気管支に慢性的に炎症を起こしている方が、風邪を引いた場合に、風邪のウィルスがアレルゲンとなって、喘息の発作を引き起こす場合です。風邪のウィルスの中でも、ライノウイルスという鼻風邪を起こすウィルスは、これに感染すると喘息の発作を起こしやすいことがわかって...
喘息発作の予測ピークフロー値
喘息の治療に当たって、現在自分の喘息の状態が良好な状態にあるのか、悪い状態にあり発作が起きやすい状態にあるのか、判断する値があります。これは「ピークフローメーター」という機器を使って計測します。「ピークフローメーター」は、患者がこの機器を口にくわえ、これに向かって強く息を吹き込みます。この息を吹き込んで、機器に流れる空気の速度を計測し、計測された値を記録します。この計測は毎日、朝・晩の2回計測し、各3回ずつ計測します。そしてこの値が最も高い値を示したものを記録し、診察の参考にします。この記録した...
喘息の治療を受ける医療機関
喘息の疑いがある症状が現れたとき、どこへ受診に行けばよいかわからない方がいると思います。大きな病院へ行けば総合診療科のような、医師が症状を総合的に診断して、専門の医師を紹介するシステムがありますが、一般の少し規模の小さな医療施設には、備わっていない場合があります。喘息の疑いがある症状が現れた場合は、呼吸器科か、子供であれば小児科を受診します。喘息に似た症状に、アレルギー性の症状があるようでしたら、アレルギー科という診療科目もあります。これらの診療科には専門の医師が診察を行いますので、安心して受診...
全国に広がる喘息患者の会
喘息患者が集う前族患者の会が、全国にあります。喘息を患う同じ患者同士の会で、喘息患者とその家族が中心になって運営しています。同じ目標に向かって治療している喘息患者の会で、全国規模に展開している大きな会があります。石川県にある「石川県喘息友の会(わかば会)」は、会員数が1,000人を超える大きな喘息患者の会です。設立は1974年と長く行われています。この「石川県喘息友の会(わかば会)」の所在地は石川県ですが、全国どこからでも入会できます。「わかば会」の活動内容は、喘息患者とその家族に向けて、喘息の...

「あなたの喘息は一生治りません。」と担当医から言われ、17年間も喘息で苦しみ続けた私が、
わずか4週間で、喘息の症状を消し去った方法があるのですが・・・


>>詳細はこちら