喘息の症状 原因治療

喘息,症状,治療,薬,原因喘息(ぜんそく)は、息をするときにヒューヒュー、ぜいぜいという音を出す喘鳴(ぜんめい)や、ひどい咳に見舞われて息苦しい症状をさします。この症状は何度も繰り返し、発作を起こします。治療は長期間にわたることがほとんどです。

喘息はアレルギーを持つアトピー型と、アレルギーを持たない非アトピー型の2種類。症状も治療法も同じですが、アレルゲンに反応してアレルギーを起こすアトピー型は、アレルギーの治療も必要になります。
スポンサードリンク

喘息の治療を受ける医療機関

喘息の疑いがある症状が現れたとき、どこへ受診に行けばよいかわからない方がいると思います。

 

大きな病院へ行けば総合診療科のような、医師が症状を総合的に診断して、専門の医師を紹介するシステムがありますが、一般の少し規模の小さな医療施設には、備わっていない場合があります。

 

喘息の疑いがある症状が現れた場合は、呼吸器科か、子供であれば小児科を受診します。
喘息に似た症状に、アレルギー性の症状があるようでしたら、アレルギー科という診療科目もあります。
これらの診療科には専門の医師が診察を行いますので、安心して受診されれば良いでしょう。

 

 

最近は、インターネットで医療機関の検索が容易にできるようになり、ほとんどの医療機関はホームページを立ち上げていますので、診療内容など多くの情報が得られるでしょう。

 

日本アレルギー学会のホームページは、アレルギーの専門医を紹介していますので、喘息の専門の医療機関を探すことができます。
喘息の治療は長期化するケースが多いので、この事も考慮に入れて、通院や入院のしやすい医療機関を選ぶことがよいでしょう。医療機関が自宅から遠方であると、通院も大変ですし、入院や家族の通院にも負担が掛かります。

 

子供が深刻な喘息にかかった場合、長期の入院治療が必要な場合があります。この時、子供にとって一番負担になることが、学校へ行けないことです。
喘息の場合、1年以上の長期の入院はよくあるケースです。しかし、この間の学校生活や学業には影響がでます。

 

 

日本ではまだ少ない医療機関ですが、病院の治療と学校の授業が、同時に行える病院があります。
喘息を患った子供は、入院治療しながら学校の授業が受けられる医療施設です。
小児喘息の治療には、このような医療機関があることを、知っておきましょう。


「あなたの喘息は一生治りません。」と担当医から言われ、17年間も喘息で苦しみ続けた私が、
わずか4週間で、喘息の症状を消し去った方法があるのですが・・・


>>詳細はこちら