肺がん診察喘息(ぜんそく)は、息をするときにヒューヒュー、ぜいぜいという音を出す喘鳴(ぜんめい)や、ひどい咳に見舞われて息苦しい症状をさします。この症状は何度も繰り返し、発作を起こします。治療は長期間にわたることがほとんどです。

喘息はアレルギーを持つアトピー型と、アレルギーを持たない非アトピー型の2種類。症状も治療法も同じですが、アレルゲンに反応してアレルギーを起こすアトピー型は、アレルギーの治療も必要になります。
 

最新情報

↓↓呼吸が楽になるエクササイズ↓↓


喘息の発作について
喘息発作と予防法
喘息の発作は予防することが重要です。治療薬を使って急激な発作を止め、また発作が起きないように予防薬を使います。同時に生活環境を整えることや、日常生活の改善を行います。
喘息の治療方法
喘息の治療法と治療薬(1)
アレルギー性の喘息の治療で大切なことは、アレルゲンを寄せ付けないことであり、またアレルゲンが特定できていれば、生活環境を整えることが大切です。
喘息の治療方法
喘息治療のステロイド剤
喘息の治療で発作を抑制する治療薬として、一般的に多く使われている薬がステロイドの吸入薬です。
喘息の発作を起こさない対策
喘息と関係の深いアレルギー
喘息と深い関係にあるものがアレルギーです。 子供のかかる小児喘息では、アトピー性皮膚炎を併発している子供も多くいます。
喘息についての知識
喘息発作の予測ピークフロー値
喘息の治療に当たって、現在自分の喘息の状態が良好な状態にあるのか、悪い状態にあり発作が起きやすい状態にあるのか、判断する値があります。

「あなたの喘息は一生治りません。」と担当医から言われ、17年間も喘息で苦しみ続けた私が、
わずか4週間で、喘息の症状を消し去った方法があるのですが・・・

>>詳細はこちら

喘息の基礎知識

スポンサードリンク
小児喘息の原因と対処法
小児喘息は、アレルギーが原因で起きるケースが多くみられます。
小児喘息の特徴は、アレルギーによってアトピー性皮膚炎を併発していることです。
喘息のみの治療ではなく、アレルギーの治療も必要なため、完治には長期間の入院治療なども必要です。

増加傾向にある気管支喘息
気管支喘息は遺伝的な要素(アレルギー体質)、空気汚染などの生活環境、気管支が疾患を持つ気道過敏症が原因として考えられています。 また、気管支喘息の原因として精神的なストレスや、統合失調症、風邪などの悪性のウイルス感染なども考えられます。

アレルギーが原因とされる気管支喘息は、そのアレルゲンが特定できれば喘息発作の予防は可能ですが、アレルゲンの種類はたくさんあり、この特定は難しいのが現状です。

喘息の種類について
喘息は気管支が慢性的に炎症を起こしている状態で、気管支に刺激が加わることで発作を起こします。喘息には、その原因によっていろいろな種類に分けられます。
乳幼児からかかる小児喘息は、成長とともに完治しますが、完治しない場合は思春期喘息になります。

他にもかぜ薬などに含まれるアスピリンによって起こるアスピリン喘息や、運動を行うことで起こる運動誘発性喘息もあります。

喘息の状態を知るピークフロー値
喘息の治療で、現在自分の喘息の状態は良好か、または悪い状態で発作が起きやすい状態にあるのかを判断する「ピークフローメーター」というものがあります。
これは、ピークフローメーターに息を吹き込み、息の強さでピークフロー値を出します。

この値を目安にして、喘息の治療が良好か、悪化の方向へ向いているか判断し、さらには、発作が起きやすい状態にあるかわかります。


喘息発作と予防法

喘息の発作は予防することが重要です。治療薬を使って急激な発作を止め、また発作が起きないように予防薬を使います。同時に生活環境を整えることや、日常生活の改善を行います。

喘息の治療法と治療薬(1)

アレルギー性の喘息の治療で大切なことは、アレルゲンを寄せ付けないことであり、またアレルゲンが特定できていれば、生活環境を整えることが大切です。

喘息治療のステロイド剤

喘息の治療で発作を抑制する治療薬として、一般的に多く使われている薬がステロイドの吸入薬です。

喘息と関係の深いアレルギー

喘息と深い関係にあるものがアレルギーです。
子供のかかる小児喘息では、アトピー性皮膚炎を併発している子供も多くいます。

喘息発作の予測ピークフロー値

喘息の治療に当たって、現在自分の喘息の状態が良好な状態にあるのか、悪い状態にあり発作が起きやすい状態にあるのか、判断する値があります。

喘息のセルフチェック

喘息の症状は、ヒューヒュー、ゼーゼーという喘鳴や呼吸困難といった症状が特徴ですが、喘息であるか疑わしいときのセルフチェックがあります。

喘息の治療のガイドライン

喘息の治療や発作の予防、薬の管理や治療の目標について、専門の医師が蓄積された喘息のデータから作成されたガイドラインがあるのです。

喘息を引き起こす風邪喘息

喘息の発作の起こる原因には粘膜の炎症が、考えられるものがあります。
これはアレルギーとも関係しています。

全国に広がる喘息患者の会

喘息患者が集う前族患者の会が、全国にあります。
喘息を患う同じ患者同士の会で、喘息患者とその家族が中心になって運営しています。

喘息の治療を受ける医療機関

喘息の疑いがある症状が現れた場合は、呼吸器科か、子供であれば小児科を受診し、
アレルギー性の症状があれば、アレルギー科という診療科目もあります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ