喘息の治療法と治療薬(1)

医者アレルギー性の喘息の治療で大切なことは、アレルゲンを寄せ付けないことが重要な治療になります。

アレルギー性喘息で原因となるアレルゲンが特定できていれば、これから回避する生活環境を整えることが大切です。このアレルゲンから回避した生活を送ることで、喘息の発作の予防になります。

喘息の治療はこの生活環境の改善に加え、治療薬を併用して発作が起こさせない治療と、発作が起きたときの症状を抑える治療を行います。
実際に喘息の患者に使われている治療薬ご紹介します。

インタール(スプレー式吸入と吸入液)は1日に2~4回吸入して使う、気管支の炎症を抑える薬です。発作を予防する薬では、経口アレルギー薬(サジテン、オノン、シングレアなど)があります。

吸入ステロイド薬(アルデシン、フルタイド)も口から吸入する薬で、抗炎症竿湯の強い効果があり、喘息の発作の予防に使われます。最も喘息の発作の治療薬として使われているものは、β2刺激薬(メプチンなど)でしょう。

このβ2刺激薬は、突然に起きた発作に対して、効果的に働きます。β2刺激薬は口から吸引する薬で、気管支を拡張させ緊張をほぐし、発作を抑えます。β2刺激薬は即効性がある薬ですから急激に襲う発作に効果的で、多くの患者に使われています。

この他には、ホクナリンテープという、外用薬があります。

この薬は患部に貼って効果を得る治療薬のため、即効性はありませんが、長時間、発作を抑える効果がありますので、睡眠時に使用することで安眠できます。

この薬も気管支を拡張させる作用で、発作を抑える効果があります。喘息の発作治療には様々な治療薬が使われています。生活環境を整えてこれらの治療薬を併用することが、効果的に作用します。

↓↓呼吸が楽になるエクササイズ↓↓


スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ