「小児喘息の予防と対策」の記事一覧

小児喘息から思春期喘息

幼児期にかかる小児喘息は、成長とともに改善され、患者の7割は完治するといわれます。しかし、残りの3割は小児喘息が完治できずにそのまま成長し、思春期喘息へ移行します。

小児喘息について知る本

小児喘息とはどのような症状で、そのように治療していくのかもわからない。
このような悩みや心配は。どの親御さんにもあるでしょう。

小児喘息の治療と目的

子供のかかる小児喘息は、慢性的に気管支に炎症を起こしている状態をいいます。このため小児喘息は発作が起きやすいので、発作を起こさないようにする予防をすることが大切です。

小児喘息の原因と対策

アレルギー性の喘息といえば、子供のかかる小児喘息が一番に考えられます。
アレルギーの原因となるアレルゲンが、ハウスダストであることが多く、これを吸い込むことで喘息を発症しているケースがほとんどです。

小児喘息の予防法

喘息発作を予防すことは治療の上で大切です。
喘息の発作を繰り返すことで気管支はダメージを受けています。このダメージによって、少しの刺激に対しても発作を起こすようになります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ