喘息のセルフチェック

医者喘息の症状は、ヒューヒュー、ゼーゼーという喘鳴や呼吸困難といった症状が特徴ですが、これまで喘息にかかったことがない方のために、喘息であるか疑わしいときのセルフチェックがあります。

喘息の症状は程度の軽いものから、呼吸困難に陥るほどの重度のものまであります。

初期の症状では、咳が長引き。就寝中の特に朝方によくせき込むことや、何となく息苦しさがあるといった症状です。

これらの症状に心当たりがあれば、セルフチェックを行います。セルフチェック項目は次のとおりです。

1、咳が長引く
2、終始中の夜中や明け方にせき込み、息苦しさを感じる
3、呼吸をするたびにヒューヒュー、ゼーゼーと音がする
4、ホコリっぽいところでは、咳や息苦しさを感じる
5、タバコの煙やその他の煙でせき込み息苦しさを感じる
6、激しい運動の後は、咳き込みや息苦しさがひどい

これらの症状で当てはまるものがあれば、喘息と疑わしいもので呼吸器科などの専門の医師に診察を受けることお勧めします。

上記したチェック項目の他にも、台風や低気圧の接近で気圧が下がるとせき込むことが多い方や、せき止めの薬が効かない方や、咳が出て止まるが、再び咳が出る症状が繰り返す方は、専門医の診察が必要です。

これらは喘息の特徴的な症状ですが、喘息とよく似た症状で、全く別の疾患も考えられますので、そのまま放置するのは一番よくありません。

↓↓呼吸が楽になるエクササイズ↓↓


スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ