喘息発作の予測ピークフロー値

医者喘息の治療に当たって、現在自分の喘息の状態が良好な状態にあるのか、悪い状態にあり発作が起きやすい状態にあるのか、判断する値があります。

これは「ピークフローメーター」という機器を使って計測します。

「ピークフローメーター」は、患者がこの機器を口にくわえ、これに向かって強く息を吹き込みます。この息を吹き込んで、機器に流れる空気の速度を計測し、計測された値を記録します。

この計測は毎日、朝・晩の2回計測し、各3回ずつ計測します。そしてこの値が最も高い値を示したものを記録し、診察の参考にします。この記録した値を「ピークフロー値」といいます。

喘息患者の場合、気管支が慢性的に炎症を起こしているので、息の流れが健常な方より弱く、「ピークフロー値」は低い値を示します。

「ピークフローメーター」で、毎日、決まった時間に「ピークフロー値」を計測することで、喘息の状態が悪化に向かっていれば、この兆候や発作の予測をすることができます。

また、この「ピークフロー値」を参考に、治療方法の細かな変更や、治療薬の処方の修正が可能になり、喘息の悪化を改善することが可能になります。

この結果、喘息の悪化を未然に防ぐことができ、発作を回避することもできます。つまり、喘息の発作を起こさない、迅速な対応が可能になりました。

この「ピークフローメーターは」喘息患者には、病状の状態を知るものとして、わかりやすいとても効果のあるものです。ただ、5歳未満の乳幼児には計測が難しい場合があります。正しい計測方法で行えば、喘息の治療に大きく役立ちます。

↓↓呼吸が楽になるエクササイズ↓↓


スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ