喘息の発作を起こさないためのコントロールテスト

喘息の治療法は、治療薬や生活環境の改善などに、アレルゲンの特定など様々な方法が採られますが、喘息の治療は発作を起こさないことが第一の目標になっています。

喘息に効果がある漢方薬

喘息を長く治療されている方や、治療薬の副作用が強い方の中には、漢方薬を治療に取り入れている方がいます。

喘息に効果のあるツボ

喘息の症状や発作の緩和に効果があるとされるツボは、「治喘(じぜん)」と「咳喘点(かくぜんてん)」というツボです。

喘息性気管支炎の症状

喘息と名前がついていますが、喘息とは違う疾患は幾つかありますが、喘息性気管支炎(喘息様気管支炎)もその一つです。

アスピリン喘息の症状

喘息の発作には、薬の副作用で起こるものがあり、風邪などの発熱のときの解熱剤や、痛み止めの薬に使う解熱鎮痛剤に含まれる、アスピリンです。

運動誘発性喘息の症状

喘息の中には原因のハッキリわからないものがあります。
いずれにしても気管支に刺激が加わることで起こる、咳や発作が喘息の症状になっています。

咳喘息とは

咳喘息は喘息という名前が付いていますが、喘息ではなく、喘息にかかる一歩手前の状態で、喘息にある特有のゼイゼイ、ヒューヒューという喘鳴の症状はありません。

小児喘息から思春期喘息

幼児期にかかる小児喘息は、成長とともに改善され、患者の7割は完治するといわれます。しかし、残りの3割は小児喘息が完治できずにそのまま成長し、思春期喘息へ移行します。

気管支喘息の症状の特徴

気管支喘息の症状はゼーゼー、ヒューヒューという喘鳴を伴う呼吸困難や、とどまらない咳が続きます。咳は収まりがつかない発作の症状になります。

気管支喘息になる原因

気管支喘息は年々増加している喘息です。
気管支喘息は遺伝的な要素(アレルギー体質)、空気汚染などの生活環境、気管支が疾患を持つ気道過敏症が原因として考えられています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ